メニューをスキップしてコンテンツ(本文)の先頭へ ここからメニューが始まります。メニュー数は9つあります。メニューのあとに本文が始まります。
これでメニューは終わりです。
ホーム > 週刊「こころの再生」 > 週刊「こころの再生」バックナンバー > 平成20年10月から12月

本文スタート週刊「こころの再生」情報

平成20年10月から12月に掲載された情報です。

H20.12.24 「こころの再生」府民運動 ポスター・体験談作文の作品展が始まります。

応募のあった中から入選した子どもたちの感動体験談とポスターを、府立中央図書館において展示します。

H20.12.18 子どもの豊かなこころを育む子育てリレー講座 第1回講座を開催しました!

第1回は、育児・保育コンサルタント原坂一郎さんから「笑う」をとりいれた子育て術を教わりました。

H20.12.14 ホース・フレンズ枚方セラピー牧場を訪問しました。

「こころの再生」が後援する「馬と過ごすひととき」では、親子で馬に直接触れる貴重な体験ができて子どもたちは大喜びでした。

H20.12.10 「こころの再生」百人衆が70人を超えました。

今年もたくさんの大阪にゆかりのある著名人が百人衆に加わりました。

H20.11.30 あいさつキャラバン隊が京阪牧野駅前に出動!

11月30日(日曜)あいさつキャラバン隊が京阪牧野駅に出動!
枚方市立小・中学校と府立牧野高校の児童・生徒が、京阪牧野駅前において府民の方々に「あいさつ」の大切さを呼びかけました。

H20.11.23 かんさいフラワーショー2008で「こころの再生」をPR!

11月23日(日曜)かんさいフラワーショー2008で「こころの再生」をPR!
鶴見緑地公園水の館の「花育」のコーナーにおいて、「こころの再生」キャラクターぬり絵を実施しました。

H20.11.22 中学生サミットを開催しました!

11月22日(土曜)知事を交え、中学生サミットを開催しました。
府内の17の中学校の生徒会代表が集まって、橋下大阪府知事や府教育長の前で話し合い、学校をよくするための8つのアクションを提案しました。

H20.11.10 「こころの再生」府民運動 子どもの豊かなこころを育むリレー講座

「こころの再生」府民運動では、「ほめる・笑う・しかる」に「食べる」を加えた4つのテーマで達人たちによるリレー講座を開催します。子どもたちが笑顔になるエッセンス満載!ぜひ、ご参加ください。

H20.11.8 大阪「こころの再生」フェスティバルを開催!

「いまこそ親子deコミュニケーション〜子どもと語ろう〜」をテーマに万博記念公園で開催しました。
午前中は小雨が降っていましたが、たくさんの人に来ていただき、盛大に開催することができました。

H20.11.2 読売子育て応援団@大阪において「こころの再生」府民運動をPR!

11月2日(日曜)「読売子育て応援団@大阪」で「こころの再生」府民運動をPR!
読売新聞社と共催で「読売子育て応援団@大阪」を開催し、「こころの再生」府民運動をPRしました。

H20.11.1 あいさつキャラバン隊、生野大阪府教育委員長とともに泉南市に出動!

11月1日(土曜)あいさつキャラバン隊、生野教育委員長とともに泉南市に出動!
今回は、泉南市立信達中学校区の学校と府立砂川高校、泉南高校の皆さんがキャラバン隊に参加し
JR和泉砂川駅前で府民の方々に「あいさつ」の大切さを呼びかけました。

H20.10.30 堺市立大泉小学校において、あいさつキッズを実施しました。

地域の方々と子どもたちが校区に出かけて、あいさつを実践する「あいさつキッズ」を
NPO法人青少年育成審議会理事長の吉村憂希氏のご指導により実施しました。

H20.10.13 「元気な食をいただきます。in大阪」で「こころの再生」をPR!

10月13日(月曜)「元気な食をいただきます。in大阪」で「こころの再生」をPRしました。

H20.10.12 御堂筋kappoにおいて、イメージソング「みんなトモダチ」を披露!

10月12日(日曜)御堂筋kappoにおいて、イメージソング「みんなトモダチ」を披露しました。

H20.10.11 泉が丘地区安全な町づくりフェスティバル2008にて「こころの再生」をPR!

10月11日(土曜)泉が丘地区安全な町づくりフェスティバル2008にて「こころの再生」をPR!しました。

H20.10.7 「こころの再生」通信―「えがおで」第2号の発刊!

あいさつキャラバン隊、2学期の「こころの再生」関連イベントなどを紹介する通信を府内の全小中高等学校に配付しています。

H20.10.1 10月から子どもファーストディクーポンが変わります!

今まで小・中学生全員に紙のクーポンを配布していた方法を改め、携帯サイトを使った利用に変わります。

Adobe Acrobat 文書(PDF)について
Adobe Readerのダウンロードサイトへ (新規ウィンドウで開きます) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。導入されていない方は、次のバナーのリンク先からダウンロードしてください。