メニューをスキップしてコンテンツ(本文)の先頭へ ここからメニューが始まります。メニュー数は9つあります。メニューのあとに本文が始まります。
これでメニューは終わりです。
ホーム > 週刊「こころの再生」 > 週刊「こころの再生」バックナンバー > 平成20年4月から6月

本文スタート週刊「こころの再生」情報

平成20年4月から6月に掲載された情報です。

H20.6.15 大阪「こころの再生」フェスティバルの開催にあたり、協賛・出展ブースを募集しています

今年は11月の「こころの再生月間」に本運動最大のイベント“大阪「こころの再生」フェスティバル”を万博記念公園で実施します。現在、このイベントを開催するにあたり協賛いただける企業や団体を募集しています。ぜひご協力をお願いします。

H20.6.7 あいさつキャラバン隊、和泉市・池田市に出動しました。

6月7日和泉市立小・中学校、府立伯太高校の児童・生徒がJR和泉府中駅で、池田市立小・中学校、府立池田高校の児童・生徒が阪急石橋駅で府民の方々に「あいさつ」の大切さを呼びかけました。

H20.5.11 マタニティーカーニバル2008で「こころの再生」府民運動をPR

5月11日(日曜)に、大阪国際会議場で開かれたマタニティーカーニバル2008において、「こころの再生」府民運動をPRしてきました。当日は約6000人の参加者があったそうです。

H20.5.9 京セラドームで府民デーとして「こころの再生」府民運動をPR

5月9日(金曜)、京セラドームで行われたオリックス・バッファローズの試合の合間に、バックスタンドの電光掲示板に大きく「こころの再生」府民運動のメッセージを映し出し、アナウンサーから紹介していただきました。

H20.5.7 こころの再生「百人衆」を追加しました。

こころの再生「百人衆」(経済)のページに、株式会社 デイ・ワークス 代表取締役松井哲也さん、(芸能・文化)のページに、雑誌編集長の 江 弘毅さん からいただいたメッセージを掲載いたしました。

H20.5.3 あいさつキャラバン隊が京阪寝屋川市駅に出動しました。

5月3日寝屋川市立小・中学校、府立東寝屋川・北かわち皐が丘高校の児童・生徒が京阪寝屋川市駅で府民の方々に「あいさつ」の大切さを呼びかけました。

Adobe Acrobat 文書(PDF)について
Adobe Readerのダウンロードサイトへ (新規ウィンドウで開きます) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。導入されていない方は、次のバナーのリンク先からダウンロードしてください。