HOME » 「こころの再生」府民運動とは


「こころの再生」府民運動とは

いま、少子化・核家族化が進展する中で、家族の教育力の低下や、地域の繋がりが希薄になっていることが指摘されています。また、ルールやマナー違反などのモラルの低下を心配する声もあります。
次代を担う子どもたちの豊かな人間性をはぐくむために、家庭、学校、地域、企業等社会全体で、子どもの「こころ」を信じ、守り、育て、鍛える取組みが必要ではないでしょうか。
「こころの再生」府民運動では、大人も子どもも今一度、「生命を大切にする」、「思いやる」、「感謝する」、「努力する」、「ルールやマナーを守る」など、大切な「こころを見つめ直し、毎日の暮らしの中でできることとして、「7つのアクション」を呼びかけています。

「こころの再生」あい言葉

「ほめる、笑う、しかる」を”愛”言葉に「こころの再生」のエッセンスをまとめています。

「こころの再生」宣言

「こころの再生」を考える有識者懇話会提言の要約版です。 大人たちへ、子どもたちへのメッセージと7つのアクションである「府民のみなさんへ」のメッセージが寄せられています。


「こころの再生」を考える有識者懇話会

大阪府では、社会の変化や時代の変遷の中にあっても決して忘れてはならない共通の価値観や行動様式を改めて確認し、そのことを日々の暮らしの中で実践することをめざす「こころの再生」府民運動を展開します。

「こころの再生」シンポジウム

平成18年3月28日に開催されました、シンポジウムを紹介しています。


「こころの再生」フォーラム

現在までに行われたフォーラムの詳細をご紹介しています。

実践リーフレット

みなさんからの「まず何からはじめたらいいの?」というご質問を受け、日々の暮らしの中での「7つのアクション」の実践を具体的に紹介したリーフレットを作成しました。


PDF形式のファイルについて

PDF形式のファイルを表示・印刷するにはAdobe社のAdobe Readerというプラグインソフトが必要です。
お持ちでない方は、下のリンクからAdobe社のホームページにジャンプし、そこから無料で入手することができます。お使いのパソコンにあったバージョンを選んでインストールしてください。

Adobe Readerをダウンロードする

こころのサポーター こころのパートナー メールマガジン登録はこちら 子どもファーストデイ 3つの朝運動 まいど子でも運動

トップページへ